もっと楽しい今にしよう!

Lagimusim / 起業 ・ 田舎移住

水道民営化、田舎暮らしでは集落みんなで共営だ!

水道民営化!

で、物議を醸し出しているようですね。

水道の管理、田舎ではどうなってるの?ってお話をします。

 

田舎と一言で言っても、色々な田舎がありますが、私の移住先は山間の集落(村落)でのことです。

 

 

ここでは集落の全員で協力して水道の管理をしています。

裏山を登った場所に、貯水槽があります。

都会でいう浄水場ですね。

 

 

二層式の貯水槽です。

1つ目の貯水槽に湧き水や雨水が溜まります。

泥などは下に沈んで、葉っぱは上の方に浮いています。

その間のやや上の方のきれいな水を、

二つ目の貯水槽に送り、貯めます。

 

f:id:Lagimusim:20181218144332j:image

 

写真:奥のコンクリートのプールに水が溜まっています。それが1つ目の貯水槽です。丸く穴があいたところからパイプが伸びているのが見えますよね、そこから写真手前の二つ目の貯水槽へとつながっています。

 

上に網がはられていて落ち葉が入るのを防いだり、周りだけ編みがはられているのは人や動物が入るのを防いでいたりしています。

 

二つ目の貯水槽から、さらに山の麓にある貯水槽へ送ります。

山の斜面を利用しているので、動力なしで各家庭まで水が届きます。

f:id:Lagimusim:20181218145307j:image

 

f:id:Lagimusim:20181218144344j:image

 

ここで塩素消毒が行われます。(業者に委託)

塩素消毒は国が基準を作っていて、それに従っています。

 

 

さらに山の麓にある民家までパイプがつながっています。

 

メインパイプから枝分かれして、

そして一つの家まで辿りつき、水道の元栓がつくられます。

  

 

f:id:Lagimusim:20181218144413j:image

 

 

 

その元栓に繋げて水道管を設置して、キッチンやお風呂や洗濯機や洗面台やトイレへと繋がっているわけです。

家の中の水道管はもちろん、家主の管理下です。

 

 

 田舎あるある話

凍結水道管破裂事件

一つの家ではなく、二つの家で一つの元栓って場合もあって、

片方だけ空き家になると、元栓は開きっぱなしになり、冬場に水道管が凍結により破損して水びだしっ!って事件が起こったりしています。

この場合、空き家の住民は留守なので、集落に住んでいる人たちで協力して解決します。

これを解決しなければ、みんなの家の水道の水が細くなったり、でなくなったり、不便になります。

つまり事件の発覚は、全員の家の水の量の変化で気がつきます。

 

 

 

 土砂の押し出し事件

台風の後に貯水槽に土砂が流れ込んでくることがあります。

水を含んだ土砂はとても重いです。

集落に住んでいるみんなで土砂をかいたりします。

でもブルドーザーの免許を持った人が、ブルドーザーで土砂を描いてくれて助かります。

そもそも集落のおじいちゃんおばあちゃんが作ったモノで、

構造を把握しているので指示も的確で無駄がありません。

おじいちゃんおばあちゃんの工夫や知恵は、本当に素晴らしいですし、

うちの隣のおじいちゃんの行動力と優しさには感謝しかありません。

 

 

 

 

普段はどうやって管理するのか?

この貯水槽は月に一度掃除をします。

掃除当番は集落内で順番が決められ、2軒ペアで年に一度です。

 

 

管理費もかかっています。

年間一人当たり5,6千円だったかな。

塩素業者に対しての支払いや、何か起きた時に解決できるようにお金をプールしています。

 

でも仮に、老朽化が激しくて修理にプール金でも足りない場合は、またみんなでお金を出し合うことになるでしょうね。

あ、でも、修理っていうのが、都会の感覚だと専門の業者さんを呼ぶってことになるけど、

田舎の人達はたくましいですよ、だいたいは修理できちゃいます。

 

 

まとめ

我が集落の場合はとてもシンプルな構造です。

湧き水、山から自然に出てきた水を、家庭でそのまま使えているよ。

さらに何かが起こった時はみんなで修理するよ。

 

 

本に書いてあった言葉で、

 

文明が進歩するということは、自分の頭で考えなくても

様々なことができてしまうということである。

 

便利になりすぎた都会だと、

もし水が出なくなってしまったときに、

自分ではどうすることもできなくなってしまっている現実があります。

 

 

 仮に都会ではトラブルが起きて水が出なくなれば、

「都のせいだ、早くなんとかしろ!」と言うでしょうね。

 

よく都会から移住したての人が

「水が出ないんだけど!どうなってるの!?」

なんて怒ってしまい、

あとからその仕組みを聞いて、

「すみませんでした〜」っていうことになっています。

 

 

今回は都会の水道が民営化するかもしれない事に対して、意見している訳ではなく、

シンプルな水道の仕組みから見えてくることがあるかな〜ってお話でした。

 

自然がなくならない限り、

田舎では水に困ることはありません。

 

水道の水が飲める国なんて世界にも数少ないそうです、

水資源も地球規模で見るととても大切なものです。

 

 

もしもの時に自分たちでインフラが確保できている生活、

安心ですよね。

大変ですけど。

そんなチョイスもありかなーって思った方、

水道民営化をきっかけに都会での生活を見直して、

移住者が増えるといいなぁwww

  

ちなみに、うちの水道管は自分で設置しました。w

また今度水道管DIYのお話もするね。

 

もっと楽しい今になるといいね。

バイバーイ