もっと楽しい今にしよう!

起業&海外戦略 / 田舎移住&子育て

田舎移住先の選び方

「田舎へ移住したい」

そんな思いはあるけど、じゃあ "どこに" 住む?

東京生まれ東京育ちの私には田舎のイメージがまるでない。

私の田舎の情報は、

群馬の藤岡市の祖父の実家に小さな頃に年に1,2度行っていた。あと高校の恩師が長野の山奥に暮らしているので何度か陶芸をやりに同級生と遊びに行っていた。あとは旅行で日本の観光地は行ったことあるけど…。その中だと瀬戸内海の島々の景色が1番好きだな。ww

 

私は田舎に移住したいと思って、移住先を考えたんだけど、

「移住先選びには時間がかかる。」

「何年も探してるけど全然決まらない…。」

なんて耳にする。結構みんな悩むんだなぁ〜。

 

 人生短いからそんなに時間をかけたくないし、何年も悩みたくないと 

私は思うのです。

 

住んでみないとわからないって事と、

時間もリスクだという事。

 

このふたつの事がまずは、私にとって重要に思う事だ。

 

時間をかけたからと言って良い結果に辿りつくとは限らない。

悩み抜いた結果だからって納得するって事もあるかもしれないけど、

悩み抜いて時間をかけまくった結果、

思ってたのと違うって嫌になってしまうことも大いにありうる。

つまり、さっさと決めて、住んでみて、良ければいいし、嫌だったら次にいけばいい。

って考え方が1番ローリスクだ。

 

f:id:Lagimusim:20181124113140j:plain

 

で、どこに住むの?

 

まずはモチベーションを書いておくのが良いと思う。

どのくらいの気持ちで、移住したいか。

理由を具体的に書き出してみよう。

考えてるうちに「なんで移住したいんだっけ?」「面倒だから今のままで良いか」

ってなることがある。

人は挑戦する時、新しいことにチャレンジする時、知らないことをする時、

たじろいでしまうのが普通だと思う。

だから、モチベーションという最大の移住の理由を掲げよう。

私たちの掲げたモチベーションは、

 

「保育園にいちいち入りにくい。仕事と子育ての両立ができないところに住みたくない。」

 

 

次に、ひたすら条件を書き出すといい。

私が書き出したのは、

保育園に入れるのはマスト。スーパーは30分以内。コンビニはいらない。景色がひらけている。隣人が遠い。水道電気インターネットなどのインフラが整っている。東京には月に一度行くから3時間圏内。小学校もいい感じのところ。移住者受け入れ体制あり。薪ストーブは絶対必要。寒いの嫌だ。虫嫌だ。畑あり、庭あり。家は広くてきれい。安い。車庫あり。

などなど。とにかく思い付くだけ書き出す。

 

書き出したら、優先順位をつける。

夫婦一緒に話しながら決める方が手っ取り早い。

 

 私の場合は、保育園に落ちたのが決定的なタイミングだった。

だから すぐに移住したい。って気持ちが強いかった。

  1. 保育園に通える
  2. 移住者歓迎&子育て環境が良い
  3. 東京へ3時間以内。

この3つだけに絞って、検索した。

 

 4.インターネット光回線が通っていて、宅配会社の集荷が来てくれる。

って条件は、だいたいの場所が当てはまるだろうから探す時の条件からは外した。

目星がついてから確認すればいいことだから。

 

調べたら、近日に有楽町の移住支援センターで山梨県のとある町のセミナーがやるという情報が検索上位に出てきた。2と3の条件はクリア。

とにかくセミナーへ行ってみた。

 

セミナーでは、小学生とは思えないぐらいしっかりした小学生が、自分の通っている小学校のPRをしてくれた。その子のプレゼンがとても良かった、うちの子もこんなにしっかりとした小学生になったらいいな〜と夫婦で思い、ここいいじゃんと思った。ww

校長先生、移住者の方、など何名かがスクリーンに写真を映しながら説明してくれた。最後に物件も紹介してくれ、是非一度足を運んでみて欲しい。とのこと。

行ってみないと、そりゃ分からないよね。

で、保育園に必ず入れることを確認して、1もクリアしたので、現地に行ってみることにした。

 

 

現地に行ってみた

 

現地では、

町と連携したNPO団体が移住促進をしているので、町の説明や空き家の紹介をしてくれます。

担当の方に説明を受けた後、何件か物件をまわった。

 

 

空き家を回って、(1日で6件以上は回ったと記憶している)

正直どこにも住みたくない。住むイメージが全く湧かない。

ボロすぎる!!

心の中で夫婦2人共  ムリかも  って思ってて、最後の物件を見たとき、

ここなら何とか住めそうだ。って思える家に出会えた。

 

ここです↓ 

f:id:Lagimusim:20181124113809j:plain

 

推定築100年以上、大黒柱が立派です。

この町ではオーソドックスな建築。切妻屋根で、茅葺にトタンを被てあります、2階建てで2階の天井裏は茅葺きが剥き出し、まっくろくろすけが逃げもせずに住んでいました。1階はほぼ全部畳で、6~8畳の7部屋が襖で区切られていて玄関も広く、キッチンは土間。という日本家屋です。

 

とりあえずキープしました。その場で即決です。

「引っ越しいつにしましょう?」と職員の方に話すと、

 

1年を通して 春夏秋冬を見に来て考えた方がいい、とのこと、

集落の方が行事で集まるタイミングで挨拶をした方がいいと、

アドバイスいただきました。

1年も待ちたくない状況でしたが、運よく東京で保育園に入れて、ひと段落したのもあり、そうすることにしました。

 

やはり時間かかりますよね。

 

車の免許もとらなきゃだし。(※免許は東京いるうちに取得した方がいいよ、移住後は教習所に通うのが遠い&不便で超大変だよ)

 

 そうした流れで、今の家を選んだのだが、

1年通ううちにアレコレ考えてしまうんですよねー

大家さんのご意向で賃貸ではなく購入に話しが変わったり、(本当は購入を望んでいたから持ってこいだったんだけど、いざ購入ってなると更にアレコレ考えてしまうよね)

考えた結果、「ここはやめよう」と思って断わろうとしたんです。

 

アレコレ考えた内容は、また今度書きます。

 

でも、

やめる決定的な理由がない、というか、

ここをやめると、じゃあ、どんな家なら決めるの?

どんどん要求レベルが高くなり、迷宮入りするだろうなと思い、

"この家で全然良いじゃん!"

 

住んでみなきゃ分からないよね。

お隣さんもいい人そうだし。

 

そうして、今の家に決めました。

 

もう少し移住先の決め方で伝えたいことがありますが、また今度書きます。

 

 

 

どこにする?のまとめ は「さっさと決めちゃえ!」

 

悩む時間もリスクです。

決めてからも時間がかかります。

時間はリスクだと捉えています。

(趣味だったらいいけどね)

 

悩んでいる間に、そのままの状態で過ごすのではなく、

行動に移して、どんどん経験した方がいい。

3年間悩みながら東京で過ごすのなら、

3年間気になっている田舎に住んでみよう。

もしも失敗して、例えまた引っ越すとしても、

今度はどんなポイントを気をつけたらいいか、

本やブログには書いてない自分だけのポイントが絶対分かるはず。

もし1回目に失敗したとしたら、しっかりと分析して失敗から学ぼう。

そうすれば 次は失敗する可能性はかなり低くなる。

 年齢も若い方が、その場所への順応能力も高いことが多い。

だから、悩みすぎずにさっさと決めちゃえ!

 

 でした。