もっと楽しい今にしよう!

Lagimusim / 起業 ・海外戦略 ・ 田舎移住

移住した私は賃貸派です。しかし田舎の家を買いました。

家を買う?賃貸にする?

ってよく、話題に上がるよね。

私は断然、賃貸派です。

しかし田舎の家を買いました。

 私的な意見ではあるが、参考になればいいと思います。

 

 

賃貸派の理由は、

現金一括で買える場合はさておき、

ローンを組むことはしたくない。

35年間の約束など守れる気がしない。

子供の成長によって、近所付き合い、趣味、やりたいこと、住みたい場所、

その時の適正な住まいは変化する。

簡単に言うと自由でいたいから、未来の約束はしたくない。

もっと理由はあるけど、とりあえず先に進めますね。

 

 

では、田舎の家はどうだろう?

 "田舎の賃貸リスク=改修費"と言っても過言ではない。

 

結論から言うと、

1番のオススメは、町営住宅

改修費がかからないので一番リスクが低いです。

 

ではなぜ家を購入したかと言うと、

私たちは作るのが好きなので、こだわりも多いから。

つまり、趣味です。

少しづつ、自分で直して、

少しづつ、理想のお家を作っていく、その過程を楽しんでいます。

 

ずっと住まないにしても、

結局はお金がいくらかかるかよりも、

楽しいかどうかを大切にして、購入を選びました。

 

しかし、好きとはいえ、結構時間もお金もかかります。本当に本当に大変です。

私たちは田舎暮らしに馴染めたし、今のところご近所トラブルとも無縁ですし、

何かあたったら何処かへ引っ越そうというバイタリティーがあるつもりです、

しかし、都会の人間が田舎暮らしを始めたけれど、また都会に戻る場合や、

戻れればいいですが、戻ることができないって場合もありますよね。

だから、田舎暮らしはリスクをかけずに試してみることをお勧めします。

 

町営住宅は修繕の必要がありません。基本的には整っています。

修繕が必要な場合は、町が負担してくれます。

 

 

 

家賃比較してみました。

うちの町でいうと、ですが、

※うちの町=過疎化が進んでいて、利便性の低い地域

 


町営住宅は月額3万〜5万ぐらい。(3段階の価格設定があり年収により変動)

修繕費が必要な空き家月1万ぐらい。(物件により異なります)

 

家賃比較だけでは空き家の方がいいじゃん!

となりますよね、

では修繕費を考えてみましょう。

 

100万かかったとしたら。

12ヶ月で割ると8.3万。

24ヶ月(2年)で割ると4.1万。

36ヶ月(3年)で割ると2.9万。

48ヶ月(4年)で割ると2万。

4年ぐらい住めば月額3万円の家賃と並びますね。

 

 

修繕・改修費はどれぐらいかかるの?

その答えは

  1. 物件によります
  2. あなたがどのぐらいを望むかによります
  3.  業者に頼むか自分でやるかによります

 なので答えはありません。

 

とは言え、さっぱり分からないのでざっくりでいいから教えてよ、

と言うのであれば、

 

うちの例ですが、

16畳の畳を新品を購入=23万

(畳の処分代は別途)

 

42畳分の面積の床板と、その下に敷く断熱材、

作業に必要な機械(インパクトなど)と、作業中の食費と、ゴミ出し=130万

 

材料費だけですよ。

28畳分の面積の床板を張るのに、友人の手も借りて10日以上かかっています。

その前に作り方を調べたり、機械を調べたり、材料を選んだり購入したり、

何日もかかっています。

釘を打ち続けた手の痛みも続きます。エネルギー量は相当かかっています。

※床板は天然無垢材の3cm厚=結構いい材料、断熱材カネライトフォーム5cm厚

 

100万円があっという間になくなります。

時間もコストです、すごく時間がかかります。

 

 

それと、物件の良し悪しはしっかりと確認が必要。

良くない物件はいくらお金と時間を注ぎ込んでも良くならないので注意してください。

 

空き家の修繕費に補助金が出る場合もあります。

修繕費の補助金が出る市町村もあるので、確認してみよう。

うちの町は使用した半額の補助が出ます(最大50万)。

 

 

f:id:Lagimusim:20181204124909j:plain

古民家改修

 

空き家・古民家の賃貸契約はどうすればいいの?

田舎の賃貸契約は不動産を通さずに大家さんと直接契約がほとんど。

だから価格も始めから提示されていない。

年間で10万円とかもあれば、月3万円とかもある。

逆にあんまり高い家がない。

安いといのはやはりボロい家で、改修が必要な場合がほとんど。

 

※田舎と言っても、便利な場所や別荘地は、不動産屋が管理していることが多いです。

今回の場合はそういった地域の話ではありません。 

 

移住者が一生懸命改修したのちに大家が返して欲しいと言ってくるトラブルも、全国の移住者体験ではよくあるらしいという記事を読んだこともあります。

そのようなトラブルを避けるために、契約書・覚書などを交わしておいた方がいいと思います。

 

 

 

最後に、私は購入を選んでいるので、少し購入よりの意見を書いておきますね。

 空き家・古民家購入の メリット と デメリット

メリット

 1. 売値が安い。うちの場合は都内で賃貸で暮らす1年とか1年半位の金額でした。

 2. 持ち家の安心感がある

 3.家に対して愛着がわく

 4. 好き勝手に改修できる

 

デメリット

 1.  移住した先に自分が馴染めるのか

      住んでみないと分からない事がたくさんある。

      住んだことも無い場所に、いきなり骨を埋める覚悟で行けないよね。


  2. 固定資産税がかかる

     しかし固定資産税はかなり安いかも。安いところは年間1万円以下とか!?
 

 3.子供にとって負の遺産になる。子供は田舎に住み続けない可能性が高い。

 

 負の遺産になった時のリスクは、

  • 解体費をかけて更地にする
  • 朽ちていく過程に近所に迷惑をかける
  • 固定資産税はかかり続ける。

 負の遺産に対いして、解体費や近所に迷惑や固定資産税のことを具体的に考えてみよう。知らないことに対して不安という感情になるので、知ってしまえばどれぐらい心配すれば良いことなのかが分かる。

 

 

田舎の物件を投資的な見方

田舎は都内と比べて地価が上がる可能性はかなり低いし、むしろもっと下がるかもね。

安い家はたくさんあるし、競争率は低い。

つまり価値が上がるとは考えにくく、投資にはならない。

 

 

 

まとめ

町営住宅をオススメした理由をわかっていただいただろうか?

町営住宅は人気があって、空きがあれば押さえてしまった方がいいかもです。

何年も町営住宅に住むのを選択している方々も多いですよ。 

 

試しに住んでみて、田舎移住を体験してみて、気に入ったらまた考えればいい。

 

 

 

 

それでは。バイバーイ。