もっと楽しい今にしよう!

Lagimusim / 起業 ・ 田舎移住

手作り雑貨を販売して、生計を立てる方法

手作り作家として、生計がたてられるようになりたい。

と思っている方のご参考になればと思って書きました。

 

 

まずは自己紹介

私たちはLagimusimの活動のみで家族4人の生活の生計を立てています。

商品をデザインして、手作りで作ったり、工場に作ってもらったりした商品を、

自分で売ったり、お店に卸したりして9年間生計を立ててきました。

ですが、私達もいつ生計が立たなくなってしまうか分からないです、その時は、失敗談から学んでくださいね。

 初めの商品を作った話は「金なし!コネなし!原価タダから始めるブランド」に書きましたので興味ある方はご覧ください。

 

 

 

これから始める人にも分かりやすく書きたいと思います。

  

生計を立てることとは?

ここでは月に20万円が生活費として使用できるようになることと、設定しますね。

生活費を稼ぐためには、商品の販売価格2千円にすると、

何個売る必要があるでしょうね???

  

答えは、商品を作る方法や売る方法で、全然違います!!

 

まずは、

0円で作ったものを自分で売れば

100個で生活費20万円ゲットです!

 

 

だけど、大体のものは作るための材料費と時間がかかります。

商品をつくる材料費(原価)500円かかると設定しますね。

500円で作ったものを自分で売れば

134個で生活費20万円ゲットです!

 

 

でも、一人で毎月134個、どうやって売れるかな?

 

YouTubeやブログやInstagramを使って宣伝して、

自分のネットショップで販売しよう!という考えになりました。

 

 

販売手数料

ベースやストアーズなどのネットショップのフォーマットを使えば、誰でも簡単にネットショップが開けますが、手数料として数パーセントかかります。

(ストアーズは月額利用料が980円と売上に対して決済手数料5%が発生いたします。)

 

販売手数料が10%かかるとしましょう。

2千円のうち200円が手数料で引かれます。

500円で作ったものをネットショップで売れば

155個で生活費20万円ゲットです!

 

 

 

ネットショップに人が集まらないので、

マーケットに出店しようと考えました。

マーケットとは、休日に人が集まるところで出店しているお店です。

 

マーケット出店の時は出店料を払うか、売り上げから数%を支払うか、

どちらかの形態で販売手数料を払います。

 

出店料が2000円の場合

出店料が2000円=2万円(10個)売り上げの10%、それ以上売れれば利益になりますね。

 

出店料が売り上げから10%の場合

2万円(10個)売り上げの10%=出店料が2000円だけど、売れば売るだけだけ出店料は増えていきますね〜。

 

あなたがもし、マーケットによく出店しているのなら、

どのぐらいの販売手数料で目標の利益が出るのか考えてみてください。

 

 

f:id:Lagimusim:20181214124242j:plain

 

とはいえ、マーケットだけで毎月155個なかなか売れません。

 

次に、自分が売らずに、誰かに売ってもらおう、と考えたとします。

お店に置いてもらう形態として、委託と買取というのがあります。

 

委託というのは、先に商品を売ってもらって売れた分をお支払い頂くという形態。

この場合、お店側は売れれば利益が出るが、売れなくても損失は出ません、つまりリスクが少ないということです。もちろん大切なスペースを使うので、売れる商品やお客様を引きつけるようなキャッチーな商品をを置きたいと思っているはずです。

リスクは少ないので、買取よりも販売手数料は安い傾向にあります。

 

買取というのは、商品をお店に渡す段階でお支払い頂くという形態。

 

 

百貨店やデパートに入っているようなお店に売ってもらおう。(=卸売)

卸売をして、販売手数料が40%かかるとします。

500円で作ったものを卸で売れば

300個で生活費21万円ゲットです!

 

 

 

そうして、

月に300個を自分で作って、納品(店舗へ渡す)して、

営業の仕事もして、

時間がなくなってきました!!

 

 

なると、次はどんなことを考えるでしょう?

 

 

毎年同じ商品だと飽きられてしまう。

新作をつくろう(=投資)

5%は投資にまわすとしましょう。

販売手数料+投資=45%かかるとします。

500円で作ったものを卸で売れば

333個で生活費20万円ゲットです!

 

 

 

忙しくて新作を作る時間がない!

今まで自分で作っていたが、誰かに作ってもらおう。(制作費)

10%の制作費がかかるとしましょう。

 販売手数料+投資+制作費=55%かかるとします。

原価が500円で、誰かに作ってもらったものを卸で売れば

500個で生活費20万円ゲットです!

 

 

誰かに作ってもらうと、言葉で言うのは簡単ですが、

誰かに作りかたを教えて、その方のシフトや給料やらを管理する仕事が増えます。

(う〜ん、どっちもどっちかも.....)

 

 

 

作ってもらうのを手伝ってもらったけれど、そんなに時間が空かなかったから、

営業も、誰かに手伝ってもらおう。

10%の営業代がかかるとしましょう。

販売手数料+投資+制作費+営業=65%かかるとします。

原価が500円で、誰かに作ってもらったものを

卸で売る為に営業代行してもらって卸先を増やした時

1000個で生活費20万円ゲットです!

  

 

家が仕事のモノだらけになってしまい、出荷作業が大変だから、

倉庫&出荷作業を外部会社に業務委託しよう。

私たちはまだ試したことがないので、具体的な数字がわかりませんが

2%かかるとしますね。

詳しく知りたい方は、色々な会社があるようですが、オープンロジを参考にしてください。

販売手数料+投資+制作費+営業+倉庫出荷=67%かかるとします。

原価が500円で、誰かに作ってもらったものを

卸で売る為に営業代行してもらって卸先を増やして

倉庫と出荷業務を業務委託したとき

1250個で生活費20万円ゲットです!

 

 

 

 

 

 

もし今書いた内容を全て行うと月に1250個売らなければ生計がたちません。

売上にして月250万円。

 

 

数字だけを追うとゾッとしちゃうかもしれませんが、

みなさんを脅したい訳ではありません!!!! 

普通にやると(?)こういう未来が見えてくるとしたら、

もっと工夫できることを思いついたら、やればいいだけなのです。

私たちが始めた時は、ネットショップを作るのも大変でした。

ベースやストアーズなどのネットショップのフォーマットもありませんでした。

詳しい方に制作をお願いして、更新を自分でできるようにhtmlやcssを勉強する必要がありました。

ホームページ作りだって、フォーマットがなくて大変だったし、

InstagramTwitterYouTubeなどもまだまだ浸透していませんでした。

今はお金をかけなくても宣伝できる時代になりました。

考え方次第、工夫次第で解決できます。

 

 

どのように工夫する?

例えば....

 

上代を上げる?

2000円の設定を2万円にして見たら、もっと変わってきます。

 

原価を下げる?

500円の設定が半額だったら、もっと変わってきます。

 

 

どういう戦略でいくのか?

ということを考えることがいかに重要かが分かっていただいただろうか?

 

 

 

 

 

今回は「生活費を稼ぐ」ということをゴールにして考えたので、

金額だけを追った記事になってしまいましたが、

 商品の金額や宣伝方法など

自分にあったスタイルを見つけて、もっと楽しい今を過ごしてね。

 

 

読んでくれてありがとう。

ばいばーい!